歯を保存するために欠かせない歯髄保存療法とMTAセメント

歯髄保存療法とMTAセメント

歯髄保存療法の重要性とMTAセメントについて

虫歯が神経のある場所まで進行しているから、神経を虫歯と一緒に取り除きましょうと、歯科医師から言われて治療した。という経験はないでしょうか。従来も多く行われている手法ですが、最近では歯の神経を保存できる歯髄保存療法が登場して、治療の選択肢が広がりました。

神経を除去する方法では、歯の神経は失ってしまったら再生することは不可能なため、歯の寿命がどんどん短くなってしまいます。一方で歯の寿命をできるだけ延ばすために歯髄を保存する、歯髄保存療法では歯科用のセメント・MTAセメントを使用して、神経を覆うことが重要です。ここでは歯髄保存療法の重要性と、MTAセメントがどんなものなのか、分かりやすくご紹介したいと思います。

歯髄保存療法とは

歯髄保存療法は、読んで字のごとく歯髄を保存できる治療法です。歯髄とは歯の神経や血管がある部分で、歯に対する刺激を感知する機能や、虫歯菌に抵抗するための免疫細胞が持っている防御機能など、主に歯を守る重要な役割を果たしているものです。もしも、歯髄を失ってしまった場合、歯の根が折れやすくもろくなり、歯根破折や根尖病変などの歯を失う原因となる病気にかかりやすくなります。

もし、病気にかかった場合、抜歯が必要になり、義歯やインプラントやブリッジなどの治療をすることがあります。そのため生涯で掛かる治療費が高くなり、患者様にとって負担が多く掛かってしまうのです。しかし、歯髄を失うことなく保存することができれば、患者様の負担を軽減することはもちろん、歯の寿命を延ばすことにも繋がります。

歯髄保存療法を行う上での条件

歯髄保存療法を行う場合は、マイクロスコープを使用して細部まで拡大することと、ラバーダム防湿をすることが前提となります。(ラバーダム防湿は、ラバーダムというゴム膜で治療部分以外を覆って、治療部分を隔離した状態にする方法です。)

歯髄保存療法で重要なMTAセメントについて

歯髄保存療法で重要なMTAセメントについて

歯髄保存療法で使用されるMTAセメントは、炭酸カルシウムを主成分とした歯科用セメントになります。人工的に精製されたバイオセラミックス素材なため、重金属を全く添加していない、体に優しいメタルフリーという点が最大の特徴です。

その他の特徴として、殺菌作用の強さや、高い封鎖性、体に悪影響がない生体親和性、水分があっても固まる親水性があります。MTAセメントは、以上のように様々な利点があることから、治ることが困難な根管治療の成功率を上げるために使用されたり、ひびが入った歯を接着したり、歯の穴を埋めたり…という多くのシーンで役立っているのです。

歯髄保存で重要なマイクロスコープについて

歯髄保存で重要なマイクロスコープについて

マイクロスコープとは治療部分を大きく拡大できる大型顕微鏡で、精度の高い治療には欠かせない機器です。また、歯を削る面積を最小限にできるため、天然の歯を保存することにも欠かせません。

マイクロスコープを使用する治療には、根管治療・歯髄保存治療・歯周形成外科治療・修復治療などがありますが、今回はマイクロスコープを使用した歯髄保存治療にクローズアップしています。